統合データ管理システム ADM for .NET 株式会社エヌサイト
 最終更新 : 2012年10月09日  
メニュータイトル ADMロゴ
トップページ
製品機能
ソリューション
事例紹介
導入案内
サポート
ADM for .NETとは?
パッケージの概念
パッケージの概念
(画像をクリックすると拡大します。)
統合データ管理システム ADMfor.NET (Advanced Data Manager)は、従来のファイリングシステムや図面管理システム・文書管理システムを進化させ、様々な情報を保管・管理すると同時に、必要な情報を配信する事で迅速な情報伝達を可能とする機能などを充実させたシステムパッケージです。

また、各データ(情報)に対するアクセス権、更新履歴、保管期限などの機能を持ちデータの管理・保護も可能にします。

図面、文書、画像データやワープロ、表計算等の各アプリケーションファイルと、それらに付随するプロジェクト名、カテゴリ、整理番号、作成者といった属性データを一元管理し、Web環境で使用します。

ADMfor.NET は多様な画像形式(ラスタファイル)に対応したADMビューワをご用意しております。
ADM for .NETの特長
ファイルを共有して管理することにより作業効率の向上を支援します。
「編集可」、「承認済」といったステイタスにより、厳正なファイル管理を可能とします。
ワークフロー、掲示板、スケジュール機能を搭載し、チーム内の活動をスムースにします。
Standard版の他、Project版、Lite版のバリエーションをご用意し、ニーズにマッチしたパッケージをご提供いたします。
プロジェクト単位でのデータ管理、スケジュール管理が可能となり効率よいチーム運営が可能となります。(Project版)
Webアプリケーションですので、インターネット環境のあるところならどこからでもアクセス可能にできます。
サーバ単位のライセンス価格ですので、クライアント数を気にすることなく、リーズナブルな価格でシステムを導入できます。
ページ上へ
本サイトの内における全ての名称・文章、画像、音声、情報は著作権法により保護されています。無断での転載、複製行為を禁止します。 
Copyright(c)2007 NSYT Corp. All Rights Reserved.