社長あいさつ


「なくてはならない」企業に

私ども株式会社エヌサイトは、日本で最初のエンジニアリング会社で、国内初の船舶用ディーゼルエンジンを開発した株式会社新潟鐵工所の情報システム部門が、1986年7月分離・独立したことに始まります。2000年10月には、日本電話施設株式会社(現:NDS株式会社)のグループ会社となり、2007年10月より現在の社名となりました。

新潟鐵工所の事業部門だった当時から約50年、会社設立より約30年の間、IT・システム技術の変遷に合わせて、お客様の業務効率化を一貫して支援させて頂くシステムインテグレーションを行っております。お陰様で、お客様の多くが、設立当時から直接取引を行って頂いている、機械や建設、石油化学、ゴム、建材などの大手企業の皆様です。

また、製造業現場の皆様の厳しいご要求に応えた統合データ管理システムや、高圧ガスや圧力容器の強度計算書作成プログラム、そして環境分析業務支援システム等、それぞれの分野でなくてはならない自社パッケージも、多くの現場にご提供させて頂いております。

私どもは、常に社会の変化や新しいIT技術をキャッチアップし、ITに関するプロフェッショナルとして、「なくてはならない」と皆様からご評価いただける企業になるべく、一層の努力を致す所存でございますので、何卒引き続きご指導・ご鞭撻いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 吉田憲正